UPSET!!!!!!!!!!!!!!!!!

Hello World!!

『センセイ君主』1~13巻 読んだので感想

※ネタバレもきっとあるかもしれないですのでご注意を。念のため。

ざっくりなあらすじ

どうしようもなくおバカだけど一生懸命な女子高生の「佐丸あゆは(さまるん)」と、研究する学問から離れて不本意ながら臨時であゆはのクラスの教師になった「弘光センセイ」のお話。

お、今回はスーパーざっくりw

この作品の魅力

  • 幸田もも子さん独特のコメディというか読み手をクスッとさせるパロディの数々‥
  • 弘光センセイかっこいいすぎて尊い
  • さまるんがおバカすぎてかわいい

ヒロイン失格しかり、センセイ君主しかり、王道の胸キュンなストーリーにしっかりコメディ要素も盛り込んでいるので、読み手側はホントおなかいっぱい。ホクホクです。

弘光センセイは、スペックが高い。

・東大卒業後、東大大学院で数学を専攻していた(修士課程の2年で離脱?)
・長身。たしか183cmくらいじゃなかったっけな
・空手有段者
・高校までバスケ部
・イケメン黒髪メガネ

赴任した当初は、本当に不本意で臨時の数学教師になったわけだけど、いろんなことが重なって、不本意ながら臨時から正式なその学校の教師に採用されちゃった先生。
どこのタイミングから教師も悪くないなって思ったんだろう?

この物語は、さまるんが先生と向き合ってオトナになっていくストーリーってだけではなくて、弘光先生もさまるんと出会って向き合う3年間で、教師になるまでの人生では感じたことのなかった満足感?充足感?を感じて、一緒に成長していくお話なのかな。(個人的な解釈です)

最初はホントにトゲトゲしかった弘光先生も、もはやトゲどこいったくらいに表情丸くなったし。
さまるんはその逆で、最初はどうしようもなくおバカすぎて同級生の虎竹がいなかったらどうなっていたことやらだし、勉強もできないし、料理も洗濯もできない子だったけれど、しっかりした女性になっていって、最終的には結婚してちゃんと料理もできるママになります。

さまるんの想いと弘光先生の想いは同じでも、折り合いがつかなくてすれ違ってしまう7,8巻あたりはすごくキュンとしますw
「もう、やめる?」のシーンとか...泣ける。
その後の仲直り?する8巻も泣ける。弘光先生がさまるんを大事に想いすぎてて尊い


このマンガは読んで損はないです。
最終巻も楽しいですが、正直「できる妻モード」のあゆはが「もはや誰?」レベルで可愛くないすぎるのに、クダリが長くてちょっとだけダレましたw
が、それも一瞬で過ぎ去って、素敵な終わり方でハッピーエンド。
この2人+恵麻ちゃんの弘光ファミリーの物語もうちょっと見たかったなー。
いつか番外編というか続編というかがあるといいなぁ。と思っています。


そういえば、麦ちゃんの彼氏って結局誰なんだろう?
弘光先生の大学時代の友だちの塩顔男子(名前なんだっけ?)あの人かな。。うーん。